鼻の整形にはどんな種類があるのか知る|医師の選び方や口コミ

ドクター

ダウンタイム

看護師

鼻の整形を行うと、憧れていた鼻の形にできるので、大変嬉しいものです。しかし、整形をするので術後すぐには腫れや炎症などの症状が表れてしまいます。そこで、術後の鼻を休ませるダウンタイムをしっかりと行うことが必要になります。いつまでダウンタイムを行うかというと、元の生活に戻れるまでの間、腫れや傷が気にならない状態になるまでの間行うことが大体の目安となります。整形によって術後の状態が異なるのでここでいくつかの術後の状態をお教えします。術後に腫れが表れる原因は、切開した部分の傷を治そうとする動き、体の働きによって炎症が起こるためです。腫れ方には個人差があるので、腫れが強いくなかなか治らない、すぐに腫れが引いて回復が早いなどがあります。次に内出血です、注射針が猛省血管に当たると皮膚内で出血が起こってしまいます。見た目は赤紫でひどく見えますが、徐々に薄くなるので安心してください。次にプロテーゼを入れる整形を行った際のダウンタイムです。プロテーゼの大きさが大きいほど、腫れが強くなりやすいですが、個人差があります。約一週間ほどは腫れが引かないことが多いです。プロテーゼの整形は全身麻酔や局部麻酔で行いますが、基本的に入院することはありません。小さい手術になるとギブスやテーピングも不要になるので口コミでも評判が高い施術です。術後三日までが腫れのピークになると思ってください。それまでは大きな腫れを防ぐためにも、激しい運動や飲酒を避けるようにしましょう。術後一週間ほど経過すると、大きな腫れはだいたい引いているので、抜糸などの再診を受けます。一か月経過したら、通常通りの生活をしてもほとんど大丈夫な状態になります。しかし、鼻の負担となる動きは避けるようにしましょう。例えば、口コミでもよく言われている、就寝時のうつ伏せ寝、長時間のサングラスの着用は避けてください。顔のマッサージも一か月までは行わないようにしましょう。最後にヒアルロン酸注入などの軽い手術のダウンタイムは、基本的に一日で大丈夫なので口コミでの評判も高いです。細い針で注入するだけなので傷跡が全然目立ちません。軽度の内出血はメイクで隠すことができるという口コミもよくあります。

Copyright © 2017 鼻の整形にはどんな種類があるのか知る|医師の選び方や口コミ All Rights Reserved.