鼻の整形にはどんな種類があるのか知る|医師の選び方や口コミ

ドクター

プロテーゼを抜く

カウンセリング

理想の鼻を手に入れたい、形の良い鼻にしたい。という気持ちで整形をする方も多く居らっしゃいます。しかし、この整形は医師の技術や美的センスを非常に重要とするので、術後に急に不安になった、違和感があるという方も出てきてしまいます。また、自分の理想の鼻と全然違う、仕上がりが気に入らないという方も存在します。そんな方は、鼻プロテーゼを抜く手術をします。口コミでの評判も高く、手術時間も短時間で術後の腫れも少しで済むので、入れる整形と比べると、難しい整形ではありません。また、手術は鼻の内側から数ミリ切開して行うので、傷跡が最小限ですみます。そのため周囲に気づかれることがほとんどないので安心です。プロテーゼを入れていた期間が長ければ長いほど、プロテーゼの周辺が石灰化しているなどの症状があるので、取り出す時間が長くなります。またプロテーゼの形にはI型とL型がありますが、L型の方が時間がかかってしまいます。このL型のプロテーゼを入れた方の多くが、皮膚が薄くなり、プロテーゼが皮膚を破って出てきてしまいそう、という不安を抱くことがあるので、そのような場合にはなるべく早めにプロテーゼを抜いて不安から解放されましょう。数十年前にプロテーゼを入れた方の口コミの中で、実際に鼻先からプロテーゼが飛び出してしまっている方も存在します。医師に相談したときには、本当に皮膚からプロテーゼが飛び出していて、皮膚の奥からは膿が出て悪臭を放っていたという人もいます。緊急手術で局部麻酔を施して鼻の穴を切開してプロテーゼを抜く施術を行なったという口コミもよく見かけます。急にプロテーゼを抜くと、今まで高かった鼻筋が低くなりますが、希望によってはヒアルロン酸を注射するなどをして、抜いた後でも違和感なく過ごすことが出来ます。術後の鼻は非常にデリケートな状態になっているので、一か月間はマッサージをしないようにしましょう。鼻周辺以外のフェイスラインは整形当日からマッサージしても大丈夫です。様々な理由でプロテーゼを抜きたいとクリニックに相談へ行きます。プロテーゼを入れてから短い期間だと、抜くのは簡単です。逆に入れて長い年月が経っている方は難しい手術なのではないかと不安を抱くという口コミもよく見かけますが、入れる時よりは簡単な手術なので、安心して医師に相談をしましょう。

Copyright © 2017 鼻の整形にはどんな種類があるのか知る|医師の選び方や口コミ All Rights Reserved.